高野山 六文銭の宿坊・蓮華定院

女人堂の前の坂を下ったところにある宿坊、蓮華定院。六文銭で有名な真田家の菩提寺で、その裏手には墓所もあります。

高野山蓮華定院

真田家ゆかりの宿坊

蓮華定院は、関が原の合戦で敗れた真田昌幸・信繁父子が高野山へ蟄居を命じられた際、一時的に身を寄せた場所として有名になりました。

昔から蓮華定院と真田家の先祖を含む佐久・小県両郡の豪族の間で交わされていた宿坊契約の縁を二人が頼ったのだそうです。

永住しなかったのは、家族と一緒にいられなかったからだと伝えられています。当時の高野山は女人禁制のため、妻子は真田父子とは別に九度山に留め置かれていました。

しばらく後に、家族一緒に過ごせるようにと、真田父子も九度山の善名称院(真田庵)に移されることになりました。蟄居とはいえ、意外と気配りを受けていたようです。

真田昌幸はそのまま生涯を終え、信繁も大阪夏の陣で討死しましたが、真田家の高野山における菩薩寺として、信濃・松代藩の初代藩主のお墓が蓮華定院の敷地内に残っています。

蓮華定院を訪ねると、あちこちに六文銭の紋が掲げられていました。

高野山蓮華定院3

宿坊の方に声をかけて、右手の勝手口(?)から出て左手に行くと、松代藩の初代藩主となった真田信之(信幸)とその次男で2代目の信政のお墓を見ることができます。向かって右側が信之のお墓。

真田信之は昌幸の長男で、信繁の兄。先の2人は豊臣方について破れましたが、信之は徳川方について繁栄を続けました。

お墓の写真はあまり撮らないのですが、苔の生え方があまりにも美しいので、思わず撮ってしまいました。

蓮華定院真田父子墓

御朱印にも六文銭が入っています(画像ではちょっとかすれていますが、右上に押されています)。

高野山蓮華定院御朱印

来年の大河ドラマは「真田丸」。

多分この蓮華定院も人気になるのではないでしょうか。一足先に訪れてみませんか?

アクセスMAP