東京 三鷹八幡大神社 意匠の凝らされた御朱印

東京都三鷹市にある八幡大神社に行ってきました。

三鷹八幡大神社

江戸の大火で移り住んだ人の心の拠りどころ

八幡大神社は新宿駅から中央線・総武線に乗って約20分、三鷹駅下車。南口から徒歩12~3分のところにあります。バスも通っていますが、乗るほどの距離ではないと思います。
三鷹八幡大神社楼門

三鷹八幡大神社2

三鷹八幡大神社3
ここの地名は「(上または下)連雀」。江戸時代最大の被害をもたらした「明暦の大火(1657年)」によって、焼け出された神田連雀町の人々が移り住んだことに由来します。正しくは、幕府から火除地にするために元の土地を取られ、開拓移民にされてしまったのですが。でも、犠牲者10万人ともいわれる大火災。仕方がありません。

八幡大神社は、その人たちの「氏神社」として建立され、心の拠りどころとなりました。

3カラットのダイヤを使用した神輿

この神社の神輿は有名です。なぜなら、二之宮神輿の屋根にある鳳凰の目に3カラットのダイヤモンドを使用しているから。1994年版のギネスブックにも掲載されました。

しかし現在、その座は富岡八幡宮の「一の宮神輿」に取られてしまいました。その神輿の鳳凰は4カラットの目を持ち、胸に7カラットのダイヤを光らせています。さらに、鶏冠にはルビーが2,010個も使われているのです。(他にもこの神輿はたくさんの宝石類や貴金属を使用)

市の天然記念物「すだじい」

三鷹「すだじぃ」
八幡大神社の御神木は「すだじい」です。三鷹市の天然記念物となっています。

大きく「すだじい」と立札が立ててあるので、この木の愛称だと思って調べてみました。「須田さん」という当時の神主さんか地元の権力者が植えた老木(じいさん)という意味なのか…?

結果。

「スダジィ」という木の種類だとわかりました^^;。要するにシイノキ。一般的に言うどんぐりの木。シイタケをつくる木(?)。日本で「椎」と呼ばれる木は本名が「スダジィ」なのだそう。

いや~、社務所で変な質問をしなくて本当に良かった^^。

象形文字のような御朱印

こちらの御朱印は墨書きが変わっています。

中央の神社名は普通ですが、その両脇に七曜が書いてあります。しかも字体が象形文字っぽい。さらにその脇に、その曜日の神様の名前が。

三鷹八幡大神社御朱印

日(曜日)が天照大神で月が月読尊なのは想像できますが、その先はへぇ~って感じです^^。

御朱印帳を返していただいたときに、神様の説明が挟んでありました。

三鷹八幡大神社説明書

手書きの御朱印がほしい場合は

とても魅力的な御朱印ですが、通常は書置き対応です。この神社は杵築大社の兼務社なので、普段神主様はいません。

ちなみに「杵築大社」は三鷹駅の隣、武蔵境駅南口から3分のところにあります。創建から350年の武蔵境の鎮守様です。

話を戻して…。

普段は書置きなのですが、月に2度、神主様がいらして直接御朱印帳に書いていただけます。

それは、1日と15日の日中。朝早くや夕方は忙しそうです。

これだけいろいろ書いてあるので、少し時間がかかります(15分くらい)。その代わり、いただけると感動モノです。

この後、隣の霊泉山禅林寺に向かいました。

アクセスMAP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする