太郎坊宮 勝運の神様を守る天狗

「日本昔ばなし」に出てきそうな二等辺三角形の山にある「太郎坊宮(たろぼうぐう)」。正式には「太郎坊・阿賀神社」といいます。

「太郎坊」は神社を守る天狗様の名前です。

駅からまっすぐに伸びた道はのどかでとても気持ち良く、途中には御新田があります。思ったより大きな神社だと実感。


もっとものどかなのは入口まで。なかなかの急こう配で参拝には体力が必要です。

ただひたすらに階段を上る


階段自体はとてもきれいに整備されていて安全に上れます。ただ750近い階段の1段ずつが少し高いです。まさに心臓破り。

阿賀神社には天照大神(あまてらすおおみかみ)の第一皇子神が祀られており、勝運のご利益があるそうですが、足腰鍛錬のご利益もたっぷりといただけます。

必死で上っているので周りを見る余裕もなく、ふと見上げたところで「お土産屋さん」を発見。帰りのお楽しみにして先を急ぎます。

店があるのならもうすぐだろうと思いきや、実際は意外と先が長いのです。

太郎坊宮のシンボル「夫婦岩」


拝殿を過ぎるとついに見たかった夫婦岩へ。この間を通って本殿に行きます。パンフレットなどで見る夫婦岩の隙間は本当に細くて太め体形の人間は通れないのではないかと心配でしたが意外と普通に通れました^^。

ただし、心がけの悪い人は挟まれて通れないそうです。何せ神社を守る天狗の聖域ですからね。

太郎坊宮随一のパワースポット「本殿」


夫婦岩を抜けると神社の頂上である「本殿」に到着します。

御朱印やお守りをこちらでいただくことができます。

御朱印帳に書いていただけるのは「太郎坊宮」と「阿賀神社」の2種類。それとは別に、紺紙に金泥書きの御朱印を書置きでいただくことができます。

ここからの眺めは素晴らしく、苦労して上ってきたことへの最高のご褒美となります。

が、ちょっと本殿を見上げると…意外とデンジャラス^^。


あの「お土産屋さん」はただの店ではなかった


帰りに先ほどの「お土産屋さん」に立ち寄りました。薄暗くてあまり品揃えはありませんが、ふと脇を見ると御朱印の見本が!

しかもこちらのほうが印の文字がかっこいいではありませんか。

実はこのお土産屋さんは「参集殿」という建物で中に事務所があります。一般的にはこちらで御朱印を受けるそう。

確かに外に出てから確認したら「おみやげ」の幟の陰に隠れて「御朱印」の幟がありました(…わかりにくい^^;)。

本殿でもらってきてしまったので迷ったのですが、後悔するよりは…と思い直して「太郎坊宮」の御朱印をいただいてきました。

「阿賀神社」は本殿のものと同じようでしたのでこちらでは1種類だけ。参集殿では金泥書きでも御朱印をいただけるようです。また御朱印帳もこちらで扱っています。立派な木製の表紙の御朱印帳もありました。

参拝には1時間半は必要


一度御朱印で迷って下山してからまた参集殿まで引き返したので(^^;)駅→神社→駅まで2時間かかってしまいました。それがなければ1時間半ほどで行けると思います。

ただし電車の本数が少ないので、チェックしてから滞在時間を決めたほうが良いでしょう。

最後になりましたが、神社の案内板でこれまでの経路をご確認ください。

アクセスMAP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする