神奈川・総持寺 達磨の絵入り朱印

『たまには「旬の情報」を』と思い立ちまして、8月8日に伺った神奈川県鶴見にある大本山総持寺(正式には「總持寺」)に参拝したお話です。

2015年は二祖・峨山禅師の大遠忌

総持寺は曹洞宗の大本山で今年は二祖、峨山禅師の650回大遠忌(だいおんき)です。開祖の大遠忌はよく聞きますが、二祖の方って珍しいですよね。

峨山禅師は在位42年の長期にわたって優れた弟子(「二十五哲」と呼ばれる)を育て、住職の任期の取り決めなど、総持寺の基盤を整えました。

多くの僧侶に活躍の場を与え、一致団結して守り立てていく制度を確立することで、総持寺のみならず曹洞宗そのものの発展にも貢献されたのです。

総持寺では開祖とニ祖、お二方の大遠忌を50年ごとに執り行っているそうです。ちなみに、開祖の瑩山禅師の次回(700年)の大遠忌は2024年です。

総持寺大遠忌

特別な御朱印

さて、現在総持寺では650年大遠忌の特別朱印をいただけますが、それとは別に、こちらの御朱印が一部マニアの間で注目されている大きな理由があります。

それは、老師様に書いていただける達磨の絵入りの御朱印です。

いつもいらっしゃる訳ではなく、いただけるかどうかは運任せなので、それのみを目的として伺うのはリスクが高いと思います。でも、何度出直してでもいただきたくなる様な、迫力ある御朱印なのです。(普段は若い僧侶さんが御朱印を書いてくださいます)

今回は鶴見に住んでいる知人に会う予定があり、他の方がいただいた御朱印の日付から、第二土曜日と第三日曜日はいらっしゃる可能性が高いかも?などと安易なヤマを張って出かけました^^。

Google マップの過信に注意

総持寺はJR鶴見駅の近くにあります。

Google マップの道案内では、ぐるっとお寺を迂回するルートを提示してきました。逆回りならばとても近そうに見えたのですが、きっと途中で道が切れているのだろうと思って素直に従いました。

私は極度の方向オンチなので、Google マップに逆らうと迷子になってしまうのです。(もっとも「Google様の言うとおり!」にしても、ここは私道ではないかと思うほど細い道や、田んぼのあぜ道を歩かされたりするのでドキドキものだったりするのですが^^;)

総持寺まで徒歩20分ほどかかって、9時半ごろ到着。

総持寺山門

仏殿は想像通りの立派な造りでしたが、となりの現代的でとても大きな大祖堂のおかげでちょっと窮屈気でした。

<仏殿>
総持寺仏殿

<大祖堂>
総持寺大祖堂

御朱印は香積台で

御朱印はこの仏殿と大祖堂の間の道を戻り、金鶏門をくぐって左側にある、「香積台」という建物の中でいただけます。香積台は総受付になります。

とても厳かな建物なので、御朱印をもらうためだけに入るのはちょっと勇気がいりますが、この辺は気合で乗り切ってください^^。

玄関で靴を脱いで上がると、廊下の右側が役所の事務室(あるいは学校の教員室)のようになっています。そこが総受付ですので、引き戸を開けて声をかけてください。

私が伺ったときは声をかけるまでもなく、老師様と呼べるほどの年配の方がいらっしゃらなかったので、別の日に出直すことにしました。やっぱり、そううまく事は運びませんでした^^。

余談ですが、廊下の突き当たりには、日本一大きな木彫りの大黒様が鎮座しています。ぜひお参りを。

鶴見駅から総持寺までの正しい道順

…ということで参拝を終えたのですが、例の知人に会ってこの話をしたところ爆笑されました。つまり、Googleの道案内で感じた私の直感は実は正しく、逆回りをすればとても近かったというのです。もう、一気に疲れが…。

用事が済んだ後、すぐに帰宅するのもつまらなかったので、もう一度総持寺に戻ってみました。もちろん、知人の言うとおりのルートで。…結果、とても近かったです^^;。

JR鶴見駅西口を出て、左手にまっすぐ進むと右手に入口があります。そこを右折して少し進むと山門です。徒歩10分弱です。香積台や仏殿へはさらに右折して進みます。

達磨の御朱印のいただき方

14時過ぎにもう一度総受付に伺うと、老師様らしき方が筆を動かしていたので、そっと御朱印のお願いをしてみました。(心の中ではうれしくて飛び跳ねていますが^^)

…無事いただくことができました。

大本山総持寺御朱印

40分ほど別室で待っていましたが、若いお坊さんが6、7冊の御朱印帳を持って番号札と引き換えていらっしゃいました。

あの達磨の絵は5分ほどで描いているということでしょうか。早っ!

待合室から出るときに総受付をのぞいてみましたが、もう老師様はいらっしゃいませんでした。

通常(文字のみ)の御朱印は300円ですが、絵入り朱印は500円です。

また、老師様がいらしても、何も言わないと通常の御朱印になるようなので(そばにいた方がそうでした)、達磨の絵入りの御朱印がいただきたい旨を伝えてください。もし老師様がいらっしゃらなくても、書置きをいただける可能性はあります。

総持寺は、俳優の石原裕次郎さんの菩提寺としても有名ですね。
帰りにお墓に立ち寄ってお参りをしてきました。

アクセスMAP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Tomo より:

    こんばんは
    初コメです。ちょくちょく読みに来たいと思います!!よろしくです

  2. より:

    Tomo様
    うれしいコメントをありがとうございます。ぜひ!見に来てください。
    キリンの首のように長~く、お待ちしております^^。