中尊寺 「ツウ」は皆と違うスポットへ行こう!

中尊寺には多くの諸堂がありますが、すべてをゆっくり回っていると2時間はかかります。滞在時間が限られている場合は、いくつかに的を絞って行動することになるでしょう。

本堂・金色堂・讃衡蔵は中尊寺観光の「テッパン」ですからツアーでも必ず訪れる場所。しかし、何度も訪れている方や、他の人とは違うところを見たい方はぜひこちらを。

なかには御朱印をいただけるところもありますよ。

白山神社

中尊寺の巡り方でも少し触れましたが、月見坂のさらに右奥にある「白山神社」はあまり参拝客も足を運ばない穴場スポットです。こちらは中尊寺の鎮守様。

%e7%99%bd%e5%b1%b1%e7%a5%9e%e7%a4%be

御朱印は左側の社務所で書いていただくことができます。寺社で御朱印帳を分けている方には、「中尊寺括り」にするか「神社として分ける」か、悩みどころになる神社ですね^^。

%e4%b8%ad%e5%b0%8a%e5%af%ba%e7%99%bd%e5%b1%b1%e7%a5%9e%e7%a4%be%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0

神社の向かって右側には十二支別の小さい社が12社並んでいます。名称は「十二支一代守護神社」。

社の前に干支の絵が描かれていますのでわかりやすいです^^。

%e7%99%bd%e5%b1%b1%e7%a5%9e%e7%a4%be%e5%8d%81%e4%ba%8c%e6%94%af%e4%b8%80%e4%bb%a3%e7%a5%9e%e7%a4%be

さて、白山神社は茅葺の能舞台(能楽殿)が有名です。8月14日の夜には薪能(たきぎのう)が行われ、このときばかりは多くの観客が訪れます。幻想的な篝火が燃える中、杉林の中に建つ舞台で舞われる能は独特の雰囲気があって人気です。

%e7%99%bd%e5%b1%b1%e7%a5%9e%e7%a4%be%e8%83%bd%e8%88%9e%e5%8f%b02

この日は修復中とのことで、覆いをかけられていましたが、本来はこんな姿。

江戸時代末期の再建ですが、屋外で楽屋などを完備した能楽殿は貴重な近代建造物で、国の重要文化財となっています。

御朱印にも能楽殿のスタンプが押されていますね(上の画像参照)。

%e7%99%bd%e5%b1%b1%e7%a5%9e%e7%a4%be%e8%83%bd%e8%88%9e%e5%8f%b0

余談ですが、白山神社の脇は開けていて、他よりも少し高くなっています。ここにかつて源頼朝も感嘆したという「二階大堂」がありました。

鳴らずの鐘楼

ここの梵鐘は長い間撞かれて凹んでしまったので、現在は使われていません。ですから「鳴らずの鐘楼」。

「義経たちも聞いたのだろうか…」と想像するとロマンを感じますが、これは1343年に鋳造された梵鐘。義経が生きた時代から150年ほど後のものになります。

%e4%b8%ad%e5%b0%8a%e5%af%ba%e9%90%98%e6%a5%bc

普段は使われていませんが、東日本大震災があった2011年には、除夜の鐘で人々の心を慰めました。

不動堂

1977年に建立された祈祷堂です。まだ新しい建造物ですが、自然の緑に馴染んでいる中尊寺の中で、赤銅色の建物はとても目立ちます。カメラ好きには絵になる場所がたくさんあっておすすめ。

%e4%b8%ad%e5%b0%8a%e5%af%ba%e4%b8%8d%e5%8b%95%e5%a0%82

本尊までがかなり遠いので、オペラグラス等がないとわかりづらいですが、なかなか凛々しい不動明王像です。

%e4%b8%ad%e5%b0%8a%e5%af%ba%e4%b8%8d%e5%8b%95%e5%a0%82%e6%9c%ac%e5%b0%8a

弁慶堂

こちらも1826年に再建されたもので、あまり時代を経たものではありません。しかし、向拝の彫刻や鮮やかな天井画が目を惹きます。

%e4%b8%ad%e5%b0%8a%e5%af%ba%e5%bc%81%e6%85%b6%e5%a0%82

%e4%b8%ad%e5%b0%8a%e5%af%ba%e5%bc%81%e6%85%b6%e5%a0%822

%e4%b8%ad%e5%b0%8a%e5%af%ba%e5%bc%81%e6%85%b6%e5%a0%823

それに比べると、中は等身大の弁慶像などが所狭しと置かれて、雑然とした雰囲気^^;。

%e4%b8%ad%e5%b0%8a%e5%af%ba%e5%bc%81%e6%85%b6%e5%a0%82%e5%86%85%e9%83%a8

%e4%b8%ad%e5%b0%8a%e5%af%ba%e5%bc%81%e6%85%b6%e5%a0%82%e5%86%85%e9%83%a83

「弁慶堂」という名前ですが、本尊は弁慶ではなく、勝軍地蔵菩薩(愛宕権現)です。火伏せの力があるそう。

%e4%b8%ad%e5%b0%8a%e5%af%ba%e5%bc%81%e6%85%b6%e5%a0%82%e5%86%85%e9%83%a82

御朱印は、弁慶堂正面の売店で書いていただけます(弁慶堂の写真1枚目の手前の建物)。

中尊寺の後、高館義経堂に行かれるなら、主従の御朱印を並べていただくのも一興です。

%e4%b8%ad%e5%b0%8a%e5%af%ba%e5%bc%81%e6%85%b6%e5%a0%82%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0

この売店では、弁慶堂オリジナルの御朱印帳も扱っています。「南無阿弥陀仏」と書かれた弁慶の守り刀の鍔を模した表紙はちょっと地味ですが、中尊寺の雰囲気とはまた違う硬派なデザインで男性に人気です。

アクセスMAP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする