厳美渓で名物だんごを食べる

平泉・達谷窟の先に「厳美渓」はあります。

厳美渓は一関市にある渓谷で、岩手県でも有数の景勝地。国の名勝・天然記念物にも指定されています。

古の人々がつくり、守ってきた神社仏閣もすばらしいのですが、自然がつくりだした景観にはパワーを感じます。

渓谷を流れる水の碧さが特徴的。

周りはきれいに整備されて、散策できるようになっています。

でも、一日歩いた身には栄養補給が必要。景色より名物^^。

厳美渓の名物は「だんご」

一関の郷土料理は「餅」です。味の種類が豊富で、市内には食べ比べができるお店も多くあります。

でも厳美渓で食べるなら、やはり「だんご」でしょう。

厳美渓名物だんごの特徴として、次の3つが挙げられます。

  1. うるち米(もち米ではない、飯米)でつくられる。
  2. ちぎって丸めるのではなく、棒状に伸ばしてから切る。
  3. 両面に餡がついている。

周辺には3店のだんご屋があります。今回はそのうちの2店をご紹介します。

郭公屋(かっこうだんご)

「空飛ぶだんご」として有名になった店です。

対岸にカゴがあり、お金を入れて木槌で板を叩くと、店のおじさんがワイヤーでカゴを引き上げて、だんごの折と紙コップのお茶を入れて戻してくれます。

(上の写真で、屋根のある建物の辺りがその場所です)

これが結構な勢いで、写真を撮ろうにもなかなか納まってくれないほど。「空飛ぶ~」はあながちウソではありません。

1串には小さめのだんごが5個。あん・みたらし・ごまの3本で1折です。紙コップのお茶がついて¥400。

お客さんたちがおもしろがって引っ切り無しに板を叩いています。おじさん、大忙し^^。

店舗もあり、中で食べることもできます。

滝見だんご

今回私が入った店です。

空は飛びませんが、地元の方や車での来客が多く、こちらも賑やか。

中に入ると棒状のだんごを糸で切っているところが見られます。片方の糸端を咥えながら手際よく切っている姿は、やっぱり忙しそう。


「かっこうだんご」よりも大きなだんごが1串に4つついています。あん・いそべ・ごま・くるみ・ずんだの5色セットが¥650。1本ずつの購入も可能です。

お椀に入った「てぎりだんご」はいそべの代わりにしょうゆと納豆があって全6種。各¥320。

私は串だんごにしました。

5色セットはカラフルで豪華だったのですが、今回はくるみとずんだの2本だけ。

それでも普通のだんごよりかなり大きいので、串を持ち上げるとずっしり。餡もたっぷりで、2本で満腹になりました。

糸で切られた断面がきれいで、角も立っています。歯切れ良く、だんごとしてはちょっと変わった食感。

餡は水や酒でのばしていないので濃厚です。ただ下面の餡が全部皿に残ってしまい、だんごを食べた後の串でこそげ取って舐めるという、何ともはしたない姿をさらすことに^^;。それほど餡がおいしいです。

でも無添加のだんごは1日で固くなってしまうそう。おみやげは断念しました。

餅好きな方には

道の駅・厳美渓内の「レストランペッタンくん」の「和風もちセット」も人気があります。8種類の味が楽しめて餅も大きめ。ボリュームがあります。値段も¥880と道の駅にしては良心的です。

「じゃあ、せっかくだから餅もだんごも!」と思った欲張りなあなた。ムリです。おなかが^^。

舟下りはありません

同じ一関市内には「猊鼻渓」という似たような発音の渓谷があります。

そちらはもっと川幅が広く、船頭さんの説明を聞きながらの舟下りが楽しめます。大自然を満喫できるのは猊鼻渓です。

厳美渓から猊鼻渓へのはしごもできますが、バスや電車では乗り換えを含めると2時間近くかかってしまいます。

さて私はこの後、一ノ関駅に戻り夕食を取ります。メニューは餅の食べ比べができる「もち御膳」です。

…はい。「欲張り」は私です^^。

アクセスMAP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする