高崎神社の御朱印はシンプルでも繊細

新幹線も停車する群馬県の主要駅・高崎。有名な高崎観音や榛名神社もここからバスが出ていますが、徒歩で行ける寺社はあまりありません。

高崎神社は1時間以内で往復でき、かつ御朱印がいただける数少ない神社です。

時間が合えばバスが便利

高崎市役所などが近くにあり、バスの数も地方路線の中ではまあまあです。20分に1本くらい。これとは別に、コミュニティバス「ぐるりん」でも停車する路線があります。

どちらのバスでも神社の前に停留所があるので便利です。

高崎神社入口

駅から歩くならば、西口からメイン通りを道なりに進むだけです(途中、道が大きく右に曲がっています)。所要時間は20分ちょっと。ですから、バスの待ち時間によっては歩いた方が早いでしょう。

神社の向かいにある浄土真宗の覚法寺が立派でした。高崎神社の入口があまり目立たないので、ここを目印にすると通り過ぎる心配もありません。

境内の雰囲気は

さて、私が伺ったときは残念ながら社殿の修復工事中。この間の参拝は社殿の階段の下で行います。

高崎神社2

でも、少しだけ社殿が見えました^^。

高崎の総鎮守ですから、なかなか立派な社殿です。階段が長く、意外と高所にあります。

ちなみに、高崎神社は元々は熊野神社でした。明治後期に境内末社12社と、市内17町鎮座の36社を合祀して高崎神社となり、高崎の総鎮守となりました。
高崎神社

美保大國神社をスルーするのは損

敷地内には美保大國神社もあります。

美保神社も大国神社も総本社は島根県にあります。島根では美保神社と出雲大社(大國神社の総本社)を両参りすることで縁起が良くなるとされています。しかし総本社は同じ県内でも80kmも離れているので、両参りは大変。

高崎美保神社

その点、この美保大國神社は昭和2年の建立で新しいのですが、一度に両参りができて便利。縁起良さそう^^。

実際、昭和の不況時に高崎の商工業者たちによって、産業の振興を祈願して建てられた神社です。

高崎美保神社2

御朱印は社務所でいただけます。高崎神社は神前結婚式に力を入れていて、結婚式場も併設しているので、かなり現代的な社務所でした。

高崎神社御朱印

御朱印はシンプルですが、繊細で美しく、これぞ「神社の御朱印」といった雰囲気です。

なお、いまのところ、美保大國神社の御朱印はないようです。

アクセスMAP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする