庄内三十三観音霊場 御開帳➂ 23番~番外

タクシー巡礼について思うこと

開創300年の御開帳の時はいかんせん気づくが遅かったので(今回も同じですね)個人で回る時間がなく、ツアーもすべて終了。でもどうしても諦めきれずタクシーを3日間チャーターして回りました(当時は今よりも御開帳が珍しかった)。
以前書いた霊場とはこちらのことです。

運転手さんが霊場に詳しい方だったので、何の下調べをせずともスムーズに巡礼できました。事前連絡が必要なところにもあらかじめアポをいれてくれたそうです。

でも快適すぎて記憶に薄い「御朱印ラリー」で終わってしまったのではないかと、先の記述でタクシー巡礼を後悔していたわけです。

最近は効率を求めるのは悪ではないなと思うようになりました。私の目的は修行ではなく「てらたび」を楽しむことですから。人に頼らずにすべて自分で行うことにこだわるのはナンセンスではないかと。

確かに旅時の苦労はのちの良い思い出になりますが、実際に諦めかけたご縁を結べたわけですしね。こういうサービスを利用して効率的に「てらたび」を楽しめなくては年齢を重ねても長く続けられる趣味にはなりません。これも有意義な使い方だと思えるようになりました。

まあ、今でも御朱印の数だけ、あるいはいかに珍しい御朱印を手に入れてSNSにUPするかのみを追求する「御朱印ラリー」はもったいないと思いますが。

それに今回色々調べ直してみて「意外といい選択していたかも」と見直す理由を3つ見つけました。

庄内霊場をタクシーで巡る利点

交通の問題

まず運転ができなければ個人参拝は難しいということがあります。

毎回ご紹介の最後にアクセスを載せているので交通手段を調べてみました。でも電車バスを使って参拝することは想定されていないのか情報がほとんどありません。

住所を入れてもGoogleマップで検索できないところ、駅から車で何十分としか案内がない札所もあります。ちょっと個人で電車バスを乗り継いでいくのは厳しそう。御開帳期間が半年しかないのも難点です。

マイナー霊場特有の御朱印問題

これは前回書きましたので説明は省略します。

重複しますが、大手のツアーでは霊場が出している専用の御朱印帳に限定しているところも多くあります。これでしたら差し替え式ですので事前に用意することも可能ですし、いただけないということはありません。

でも自分で用意した御朱印帳に書いてほしいという方も多いはず。私もそのひとりです。そういう方はタクシー巡礼が適しています。

地元タクシーの情報力

私は「東雲観光タクシー」という地元のタクシー会社を利用しました。理由は会社のホームページを見て巡礼に詳しそうだと思ったから。実際良くしていただいたのは上記の通りです。

順打ちしたいという希望に合わせてプランニングしてくれましたし、「時間に余裕がるから」と札所以外に羽黒山なども案内してもらえました。お昼にはおすすめの店にも^^。

また御朱印が書置対応になってしまって残念に思っていると、最後にもう一度2番札所に戻っていただき、書いていただくことができました。これは本当にうれしかったです。

当時は御朱印ブームの走りで今ほど情報が入ってきませんでしたので、札所で御朱印をいただけなかったらそのままになっていたでしょう。

庄内巡礼でのご縁。改元後初の御開帳へ

途中、あるご夫婦の巡礼者お会いしました。もう100回以上も繰り返し庄内を回っているとのこと。少し世間話をしてお別れするときに「納札」をいただきました。個人情報があるので画像は載せませんが初めて見る「金色」の納札!

巡礼回数103回とあります。真の巡礼者にご縁をいただきました。

さて2019年は同じ出羽百観音のひとつ、置賜三十三観音霊場が御開帳になります。期間が5/1~の半年間ですから改元後、全国で最も早い御開帳です。庄内のご縁、出羽百観音につなげてみませんか?

最後に残りの御朱印画像と、せっかく調べたので各札所の住所を載せておきます。

御朱印一覧 ➂ <23番~番外>

23番・光国山勝伝寺(右) 24番・萬歳山冷岩寺

ちなみに24番の冷岩寺では留守時に伺ったので書置をいただきました(下の画像)。上の御朱印は満願した後に2番札所の金剛樹院で直書していただいたもの。参考までに見比べてみてください。
(縮尺は違いますのでご了承ください)

25番・明石山龍宮寺(右) 26番・大日山長福寺

27番・大日山・井岡寺(右) 28番・新山龍覚寺

29番・修行山南岳寺(右) 30番・高寺山照光寺

29番の南岳寺には鉄竜海上人が安置されています。

31番・湯殿山注連寺(右) 32番・太白山吉祥寺

31番の注連寺では鉄門海上人の即身仏を拝ませていただけます。堂内の天井絵がお寺のイメージを覆すような鮮やかでとても現代的だったのが印象的です。

33番・金峯山青龍寺(右) 番外・慶光山観音寺

各札所の住所

首番:〒997-0211 鶴岡市羽黒町手向(とうげ)字羽黒山24
1番:〒997-0211 鶴岡市羽黒町手向字手向232
2番:〒997-0211 鶴岡市羽黒町手向字手向285
3番:〒999-6602 庄内町三ヶ沢字宮田2
4番:〒997-0163 鶴岡市羽黒町狩谷野目字高坂32
5番:〒999-7652 鶴岡市添川字池苗代40
6番:〒999-6602 庄内町三ヶ沢字中里47
7番:〒997-0311 鶴岡市黒川字宮の下290
8番:〒997-1125 鶴岡市馬町字枇琶川原97
9番:〒997-0531 鶴岡市大網字入道11
10番:〒998-0037 酒田市日吉町1-4-38
11番:〒999-8231 酒田市麓字楯の腰50
12番:〒999-6831 酒田市総光寺沢8
13番:〒999-6821 酒田市山寺字見初沢154
14番:〒999-7781 庄内町余目字舘27
15番:〒999-6841 酒田市茗ヶ沢字沢尻140
16番:〒999-8521 遊佐町吹浦字横町54
17番:〒999-6711 酒田市飛鳥字大道端104
18番:〒998-0802 酒田市生石字大森山164
19番:〒999-8314 遊佐町上蕨岡字松ヶ岡45
20番:〒999-8521 遊佐町吹浦字丸岡148
21番:〒999-8521 遊佐町吹浦字丸岡148
22番:〒997-1316 三川町猪子甲85
23番:〒997-0002 鶴岡市播磨己43-44
24番:〒999-6601 庄内町狩川字阿古屋42
25番:〒997-1204 鶴岡市加茂字弁慶沢1-1
26番:〒997-0752 鶴岡市湯田川乙35
27番:〒997-0842 鶴岡市井岡甲199
28番:〒997-0033 鶴岡市泉町1-13
29番:〒997-0839 鶴岡市砂田町3-6
30番:〒997-0153 鶴岡市羽黒町高寺字南畑76
31番:〒997-0531 鶴岡市大網字中台92-1
32番:〒997-0331 鶴岡市板井川字村西43
33番:〒997-0368 鶴岡市青龍寺字金峯6
番外:〒998-0842 酒田市亀ヶ崎5-1-38

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする